緊張しても心配なし!面接での受け答え方

とにかく笑顔で明るくハキハキと!

仕事の面接はどうしても緊張しがちですが、とにかく笑顔を忘れないようにするだけでも好印象に映ります。急に面接の時だけ良い笑顔を作るのは難しいので、普段から笑顔の練習をしておきたいものですね。笑顔で話すと自然と肩の力もほぐれて、気負いもなくなります。
また笑顔と一緒に心がけたいのが、明るくハキハキと話すことです。小さな声でつぶやくように話していたのでは、あまり意欲も感じられませんし、暗い雰囲気に捉えられてしまいます。大きな声で元気の良い挨拶から、まずは始めましょう。
面接では話す内容だけでなく、挨拶やマナーや立ち振る舞いなどもチェックされているものです。口下手な人は尚更、明るい笑顔でハキハキと受け答えしたいものですね。

必ず聞かれる志望動機と自己アピールは家でまとめておこう!

面接では必ずと言ってもいいほど、志望動機は聞かれます。なぜその会社を受けたのか、何を目指してどんなふうに働きたいのかなど、要点をまとめて家で書き出しておけば、いざ本番受け答えもしっかりできるでしょう。
また自己アピールも、面接では重要です。自己アピールにおいては、だらだらと自分の長所を喋るのではなく、できるだけ簡潔に伝えるほうが良いでしょう。そのためにも、これだけはアピールしたいという点を、これも同じく家でまとめておきたいものです。
書き出した内容については、一度は声に出して読んでおくと安心です。緊張しやすい人は本番、頭の中が真っ白になってしまうこともありますが、事前に自宅で予行演習しておくことで大きな失敗は防ぐことができるでしょう。