何か質問ありますか?と面接官に聞かれたら

面接で注意したいポイント

アルバイトや正社員など、どんな場面でも面接は緊張するものです。
さ自分の事を説明するのはもちろん緊張しますし、面接官に質問などされようものなら、余計なにを答えていいのか?わからないという人も多いでしょう。今回はそんな人の為に、面接の際に注意したいポイントについて考えていきます。
まず、面接官はどこを見ているか?を把握しておくとよいでしょう。面接官は、通常20分~30分程度で、その人を判断します。いくつかの質問や会話があるかもしれませんが、一見して雑談ともおもえるような質問もしてきます。しかしそれは、雑談の中身にポイントがあるわけではなく、その雑談の中から垣間見える「その人の本性」を見抜こうとしているのです。ですので、単なる雑談といっても侮ってはいけません。

面接官の質問対策は?

では、面接官から質問をされたら、どう答えればよいのでしょうか?
面接の最後には、たいてい「最後になにか質問はありますか?」と聞いてこられる場合がほとんどです。そんな時はどんな質問をすれば良いのでしょうか?ひとことで言うと、不安な事は遠慮せずに聞いておく!です。時給の事、勤務時間の事など、「こんあ事を聞いたら、がめついと思われるかな?」などと思わずに、不安な事はその場で確認して、すっきりさせましょう。面接官にも「この人はわが社に勤めたいと本気で思っているんだな」という印象を与えることができます。また、どうしても質問が見つからない場合はどうすればいいでしょうか?そこは最終手段の「質問返し」です。例えば「質問はすぐに思い浮かばないのですが、例えば仕事内容などについてでしょうか?」と聞いてみましょう。面接官からなにかヒントがある答えが返ってくるかもしれません。なにはともあれ、事前準備をしっかりして面接に臨みましょう。